弥彦線

013.gif039.gif027.gif
弥彦公園に建立されている久須美東馬(1877~1947)の銅像である。
旧家久須美家28代目にして、衆議院議員。父の秀三郎と共に越後鉄道(JR越後線)の設立に心血を注ぐ。39才の頃(大正5年)に参宮線(JR弥彦線)を吉田から弥彦まで通し、大正14年には三条まで開通させる。参宮線の開通に合わせるように東馬は、私財を投入して弥彦公園(弥彦駅前に約4万坪)を造園する。
a0330642_2143024.jpg

このカーブにどんな人物がいれば写真は完成するだろうか?
赤いバイクの郵便配達員、野菜を乗せたリヤカーを引っ張っているお婆ちゃん、色とりどりの傘を差して通学する小学生など・・・
想像するだけでも楽しいものだ。
a0330642_2145748.jpg

弥彦線は1916年(大正5年)の開業から昨年でちょうど100年の節目となった。
この車止めからその歴史のあゆみが始まっている。
a0330642_215660.jpg

Canon EOS 7D Mark II TAMRON 16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD
F5.6 1/320秒  ISO1000 13:08 曇り
撮影日 2016.1.7 撮影地 弥彦村・JR弥彦線弥彦駅
[PR]
by chonger57 | 2016-02-09 21:05 | 鉄道
<< パワーをいただきます。 弥彦神社 >>