会津若松

003.gif008.gif048.gif071.gif057.gif
先月、会津若松に修学旅行へ行って来た。
その後、7月2日と16日にNHKのブラタモリで会津が紹介された。
飯盛山のさざえ堂、鶴ヶ城、武家屋敷、会津磐梯山など修学旅行で廻った場所や磐梯山噴火記念館の副館長がTVに映り、楽しく見る事が出来た。
修学旅行の初日は雨となり、飯盛山では傘をさしながら悪戦苦闘の撮影だった。
そこからグループごとに分かれて体験学習をしたり街を見学したりする。
全部のグループについていけないので、私は周遊バスで生徒達が訪れる4ヶ所を廻る事にした。
その一つである武家屋敷に来て見たが、子供達が見当たらない。仕方がないので屋敷内をブラブラ散策する。内心は「こんな写真を撮ってる場合じゃないんだけど」と焦っていた。
a0330642_22125643.jpg

鶴ヶ城では集合撮影の場所にやって来た。写真組合の方に1000円払って、生徒達が到着するまで三脚を立てて待機する。
雨も止んでくれて助かった。
a0330642_22132547.jpg

二日目、野口英世記念館に行く。バスガイドさんが歌ってくれた文部省唱歌「野口英世」の歌を私は今でも歌える。
a0330642_23192056.jpg

會津藩校日新館では座禅の体験が行なわれる。
写真は復元された日本最古とされる水練場である。
a0330642_22162412.jpg

修学旅行は生徒達の一生の宝物になるような写真を撮影したい。
そのためには自分も子供達と一緒に楽しまなければならない。
マイクを向けられれば唄も歌い、バスガイドさんが会津磐梯山の民謡を歌えば手拍子を打ち、車内を盛り上げる。
子供達とコミュニケーションを取る手段として私は自分のカメラを渡して写真を撮らせたりしている。
ピンボケだったり露出アンダーだったりしても構わない。
「友達も撮ってもいいよ」と言うと私が撮った写真より子供達の表情が良かったりする事もある。
もう一つ私が心がけているのは校長先生、担任の先生、バスガイドさんや運転手さん、ホテルの従業員、街の人たちなどその時、その場で出会った人たちと子供達を一緒にして記念写真を撮る事である。
いつか将来、その写真から何かが始まるきっかけが生まれる事を願っている。
家族旅行とは違った写真を私は撮影したいのだ。
※画像は生徒が撮影してくれました。
a0330642_22163499.jpg

Canon EOS 7D Mark II TAMRON 16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD
F6.3 1/200秒  ISO1250 ストロボ600EX-RT調光補正なし 15:02 曇りのち雨
撮影日 2016.6.24 撮影地 福島県
[PR]
by chonger57 | 2016-07-16 08:25 | 風景
<< 戸隠神社春季例大祭 働く人 >>