人気ブログランキング |

保内緑花木センター植木まつり

001.gif056.gif058.gif
今日は三条市の中学校体育大会が開催され、卒業アルバム制作の応援撮影に行って来た。
私の担当は卓球である。
昨日の長岡の卓球会場では40テーブルもあったが、三条市厚生福祉会館の会場は15テーブルで少なかった。
しかし私の撮影する学校が4校もあり、男子も女子も撮影しなければならない。
「ひぇい!昨日より大変だぞ!」
試合開始時間はみんないっせいに始まるので、もう会場を右往左往と走りまくった!
頭がパニックになった状態でも、なんとか良い写真が撮りたいと常に思っている事が2つある。
①必ずボールを画面に入れる事
②綺麗な背景をバックにする事
その中でも②がとても難しい。壁際に掃除道具のモップがあったり、試合中の選手とは違う学校の横断幕が写っていたり、非常口の標識や火災報知器のランプがあったり、別な写真屋さんのカメラマンがいたり等など。
アングルが悪いとすばらしいスマッシュの写真も使い物にならなくなる。
プロスポーツ写真は、背景のスタンドがお客さんでぎっしり埋まっている事で美しい描写が出来る。
これによって目障りなものがなくなり、選手をより浮き立たせて撮影できるのだ。
アマチュアスポーツは観客が少ないし、会場も綺麗な環境とはいえない。

そんな理想論ばかり言ってなくて、何とか上手く撮れよって言われそうだな。
そこで私は一番良い背景を考えて見た。
選手の背景に監督の応援している姿をぼかして入れる事にしたのである。
こうする事で一体感が見えてきたような気がしたのだ。
カメラもレンズも高級な物でなくても、背景が綺麗であれば絶対よい写真が撮れると分かった。

画像はゴールデンウィーク中に行なわれた保内緑花木センター植木まつりの様子である。
a0330642_20352159.jpg

Canon EOS 7D Mark II TAMRON 16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD
F8.0 1/800秒  ISO400  10:07 晴れ
撮影日 2015.5.5 撮影地 三条市下保内・保内緑花木センター
by chonger57 | 2015-06-03 20:35 |
<< 保内公園 八王寺の白藤 >>