人気ブログランキング |

新井対上越総合技術

013.gif026.gif039.gif
第三試合は上越総合技術が11-3(八回コールド)で新井に大勝した。
私が写真を本格的に始めたのが平成元年(1989)頃である。
当時はモデル撮影会ばかりに参加していたが、徐々に高校野球にも被写体を求めて行くようになった。
上越総合技術は、校名が高田工の時代、平成2年(1990)夏に新発田農業を破って甲子園に初出場した事がある。
まだデジタルカメラなど無縁の頃に、ネガカラーフィルムを20本ほど持参して、悠久山球場で行なわれた決勝戦を撮影しに行った。
最終回、高田工が優勝を決めると沼波投手と大島捕手がマウンドで抱き合った。
その瞬間をバックネット裏から私は無我夢中で撮影していた。
翌日、仕上がりのプリントを見たら、かなりかっこよく写っている。
バッテリーに駆け寄る内野手達とセンターの選手のボケ具合が絶妙に綺麗なのだ。

その年の秋、三条市美術展の写真部門に応募したら初出品でいきなり奨励賞を受賞した。
これが写真コンテストで初めての入賞となり、以後ますます写真活動に目覚めていく事になったのである。

上越総合技術の撮影はまさにそれ以来で、実に25年振りになるのかなあ。
当時とユニフォームも変わってしまったが、私にとっては写真を撮り始めた頃の懐かしい思い出がある学校である。
a0330642_23144339.jpg
a0330642_23145977.jpg
a0330642_23152091.jpg

a0330642_2320074.jpg

Canon EOS 7D Mark II TAMRON 16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD
F8.0 1/1250秒  ISO800  14:39 晴れ
撮影日 2015.7.13 撮影地 柏崎市・佐藤池野球場
by chonger57 | 2015-07-18 23:17 | スポーツ
<< 本成寺第89世新管長入山式 小出・庭山、シード校の上越を完封! >>