人気ブログランキング |

ベスト16 村上桜ヶ丘対三条商 ゲームセット!

002.gif007.gif008.gif009.gif018.gif026.gif027.gif038.gif040.gif051.gif060.gif
a0330642_0313735.jpg

2013年夏、村上桜ヶ丘は初の決勝戦に挑んだが日本文理に敗れ準優勝になった。
まだ見ぬ甲子園での桜は今日まで蕾である。
a0330642_9105519.jpg

昨秋の大会で私はこんなブログをアップしている。
あの試合を見た時にこのチームではまた駄目だと痛感した。
しかしあれから10ケ月、三商の選手たちは成長していた。
今日の敗戦でまた新チームからのスタートとなる。もう秋は始まったのだ。
a0330642_911295.jpg
a0330642_912054.jpg

新発田農を昭和62年夏(1987)、平成10年(1998)春夏連続甲子園に出場させたのが松田監督である。
村上桜ヶ丘へ異動となってからも、強豪チームを作り上げ、根強い松田ファンが大勢いる。
今日のゲームでは前半、三商ペースで進んでいたが、松田監督は落ち着いていた。
七回裏、相手の守備の弱点を見破るとバント3本でコールド勝ちを呼び込んだ。
これがベテラン松田采配のすごいところである。
a0330642_9121485.jpg
a0330642_912313.jpg

今日のゲームで気がついた事がある。
三塁側の三商スタンドには野球部保護者が大半でOB諸氏、一般三条市民の応援が非常に少なかった事である。
第一試合を終えた小出と一塁側が満員だったせいで新潟商も三塁側スタンドでお弁当を食べざるしかなかった。
三条市民はどうも熱狂的な高校野球ファンがいない気がする。

37年前の夏、中越が初めて甲子園に出場した時、対戦相手が新発田農だった。
試合前に一般ファンがすごいヤジ合戦を行なっていた。
「また負けに来たか?越高!」と新発田農の応援席から聞こえた。
「だまれ!百姓チーム。田んぼでもたがやしてれ!」と中越の応援席から反撃のヤジが飛ぶ!
試合は中越がリードして終盤を迎える。セカンド塁審の判定を巡り新発田農の応援席から大量の空き缶が投げ込まれた。
当時の新発田農安田監督が率先してグランドの空き缶を拾っていた。

選手たちは先輩方の応援は何よりも心強い。
秋には是非、球場で三条商を応援してもらいたい。
a0330642_9124973.jpg

一方の一塁側スタンド。
松田監督が新発田農OBである事から、地元の五十公野公園野球場は村上桜ヶ丘を応援する人ばかりである。
a0330642_913463.jpg

試合後、三商の選手たちが球場の外に出てきた。
すると一人の選手が校歌を歌い始めた。
a0330642_9133276.jpg

関監督はその選手を涙ながらに抱きかかえる。
この先生ならきっと三商を強くしてくれる!
a0330642_1242056.jpg

毎年のようにどこよりも真っ先に敗れていたのが三商である。
今年は県央工よりも三条高よりも東高よりも三商が一番長い夏を過ごした。
良くがんばったと言いたいところだが、今日のスコアに私は満足していない。
三条商は夏の大会で昭和43年(1968)にベスト4まで進出した事が1度だけある。
その時は新潟商に負けた。
あれから47年間、これ以上に勝ち上がった事はない。
三商は女生徒が多いためか、どうしても守備から自滅するお嬢様野球が伝統になっている。
長岡商で黒田野球を学んだ関監督には徹底して投手を中心とした守りの野球を教え込んで欲しい。
そんなチームが出来れば大敗するような事はない。
秋の新チームに期待する!
a0330642_913437.jpg

Canon EOS 7D Mark II TAMRON 16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD
F8.0 1/800秒  ISO1000  14:43 曇りのち晴れ
撮影日 2015.7.20 撮影地 新発田市・五十公野公園野球場
by chonger57 | 2015-07-23 00:31 | スポーツ
<< BCリーグ・新潟2-4群馬 ベスト16 村上桜ヶ丘対三条商... >>