人気ブログランキング |

ピントが・・・

002.gif021.gif022.gif025.gif026.gif030.gif034.gif039.gif050.gif
昨年5月に卒業アルバムの学校行事やスポーツ大会、祭りのイベント撮影用にタムロンの16-300mm F/3.5-6.3 Di ll VC PZD MACROを購入した。
しかし私のハードな撮影のためか1年余りでピントが甘くなった画像が目立つようになった。
特に200mmから300mmの望遠側がブレたような画像になる。
これは手ぶれ補正を使って撮っているが、文字がシャープに写っていない。
a0330642_19501822.jpg

これは三脚を使って望遠にして撮っている。手ぶれ補正はOFFにしてあるが、それでも文字の画像がぶれている感じがする。
a0330642_19504742.jpg

こちらは広角側で撮っているので、特に問題はない。
タムロンの高倍率ズームは16mmまで広角があるのが購入の決め手だったが、実際この16mmは歪曲収差が目立つ。正直がっかりした。
久しぶりに大型カメラ店に行って見る。
展示品であるシグマの18-300mmを見せてもらった。16mm側は不要だからこっちのレンズに乗り換えようかと思ったが、まあタムロンに修理へ出してみる事にした。
お盆明けに戻ってくると電話があった。1年過ぎたから保証外だというが、何とかならないものかな?

翌日は水と土の芸術祭と大地の芸術祭のイベント撮影に行って来た。
レンズがないのでお世話になっているカメラマンさんからシグマの12-24mm F4.5-5.6 II DG HSMとタムロンSP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD のレンズを貸していただいた。
a0330642_1951135.jpg

Canon EOS 7D Mark II TAMRON 16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD
F7.1 1/1250秒  ISO400  15:13 晴れ
撮影日 2015.7.25 撮影地 新潟市中央区・新潟駅南口
by chonger57 | 2015-08-09 19:51 | スナップ
<< α6000導入 酒屋の夜景 >>