人気ブログランキング |

弓始め神事②

001.gif029.gif038.gif
弥彦神社の弓始め神事は400年以上の歴史があり、五穀豊穣、厄除け開運、除災招福を祈願して七草の1月7日に行なわれる。
百射の儀は10人の神職が1回につき一人2本、合計5回ずつ矢を放つ。
a0330642_21304533.jpg

的は30.4㍍先で、命中すると幣振役の氏子青年会会員が「当た~り~」と大きな声を出す。
a0330642_21315876.jpg

命中した射手は射場の塚にくしを差し本数を記録する。
a0330642_21312712.jpg

今年から新弓道場で百射の儀が開かれたが、撮影場所が道場の両サイドしか許されず、写真的には良い絵にはならなかった。
昨年までの神社拝殿脇の特設射場では、射手の後から前方の狙う的を入れて撮影できたので神事の緊張感が伝わるような写真が撮れた。
来年は道場に入れてもらい、後から撮らせて頂きたいものだ。

写真家の山田昌男さんがUX新潟テレビ21のインタビューを受けていた。
a0330642_2132228.jpg

Canon EOS 7D Mark II TAMRON 16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD
F6.3 1/100秒  ISO1250 11:18 曇り
撮影日 2016.1.7 撮影地 弥彦村・弥彦神社
by chonger57 | 2016-02-07 21:32 | スナップ
<< 弥彦神社 弓始め神事 >>