パワーをいただきます。

005.gif013.gif027.gif066.gif
弥彦神社には津軽の火の玉石などをはじめてするいくつかのパワースポットがある。
しかし弥彦をくまなく散策すれば自分に合ったパワースポットを見つける事が出来るものだ。

浅尾池側のトンネル付近には「鬼の歯型」と呼ばれている石がある。
これは、富士山の噴火石で石切出しの跡が鬼の歯型のよう見えることから名付けられた。
a0330642_2124145.jpg

弥彦公園のトンネルを通ると、川端康成の小説『伊豆の踊子』や、松本清張の小説『天城越え』で有名な天城山隧道を思い出すのだが、何故かこの時はエクソシストの映画が頭に浮かんだ。
前を歩く人が悪魔祓いをする神父さんに見えたのかな?
a0330642_21241343.jpg

大相撲初場所は大関琴奨菊が鶴竜、白鵬、日馬富士の3横綱をがぶり寄りで圧倒し14勝1敗で優勝した。(1敗は豊ノ島に敗れている)
日本出身力士の優勝は栃東以来10年ぶりとなる。
新潟県唯一の横綱羽黒山の業績をたたえた記念碑が、弥彦公園に昭和47年に建立されている。
羽黒山の出身は旧中之口村(現新潟市西蒲区)羽黒ということもあり、地名から命名された。
いつか弥彦山という横綱が出るとうれしいね。
a0330642_21242367.jpg

昨秋、JR弥彦駅前に建つ旧やひこ観光ホテルの廃墟見学ツアーが行われた。
残念ながら私は参加できなかったが、申し込みが殺到し128人が参加する大盛況となった。
このホテルは1967年ころに建設され、1999年に会社が倒産して放置されたままになっていた。
地域では心霊スポットと噂された。
高校時代の野球部の後輩がたしかここで働いていたと思う。
今、廃墟ブームが各地で起こっているが、解体前にもう1度見学ツアーを実施して欲しい。
きっと弥彦のパワーをもらえる気がする。
a0330642_21244462.jpg

Canon EOS 7D Mark II TAMRON 16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD
F8.0 1/250秒  ISO800  内蔵ストロボ調光補正-2/3 13:50 曇り
撮影日 2016.1.7 撮影地 弥彦村・弥彦駅
[PR]
by chonger57 | 2016-02-10 21:24 | 心象風景
<< 弁慶腰掛の松① 弥彦線 >>