人気ブログランキング |

BCリーグ・新潟4対2武蔵

003.gif038.gif041.gif051.gif066.gif068.gif
ルートインBCリーグ春の悠久山3連戦シリーズの最終日24日、新潟アルビレックスBCは武蔵ヒートベアーズと対戦し延長十一回4x-2でサヨナラ勝ちした。
ソメイヨシノはすっかり散ってしまったが八重桜が見頃だった。
a0330642_22523068.jpg

新潟の先発は2年目の前川(新潟産大付高出)が七回2/3を無四球で1失点と好投。
オフの走り込みで体が大きくなり、下半身が安定してきた。
この写真はボールがもっと上の芝生と外野フェンスの境い目に写っている。
トリミングするとボールが見えなくなるため、ボールだけ切り取って合成した。
a0330642_22524648.jpg

九回に抑えの雨宮が打たれて2-2の同点となる。
十回から22日が雨で中止となり、スライド登板した中西が追加点を与えなかった。
口が赤いのはマウスピースである。
a0330642_2253776.jpg

十一回裏、1死二塁で31歳のベテラン稲葉が初球の内角ストレートを右翼スタンドのコンクリート塀にぶち当たるサヨナラ本塁打を放つ。あわや場外かと思うくらいの特大アーチだった。
a0330642_22541943.jpg

歓喜の新潟チームの様子である。次の瞬間から武蔵の選手達が整列のために出て来て全然撮れなくなった。
悠久山球場はカメラ席がなく選手がストレッチをする通路スペースで撮っていた。
私は三塁側にいたので一塁側なら赤い矢印の窓からとなる。
カメラマンが二人も来ると狭くて大変だ。さらに鉄の金網があるので撮影には大変邪魔な存在となっている。
a0330642_2254481.jpg

お立ち台の稲葉選手兼任コーチ。10年目の今年もひときわ存在感が増し、頼れる男である。
a0330642_2255528.jpg

α6000 E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS
F9.0 1/160秒  ISO100  ニッシンストロボi40  16:38 晴れ
撮影日 2016.4.24 撮影地 長岡市・悠久山球場
by chonger57 | 2016-04-25 22:55 | スポーツ
<< 三条マルシェ春場所 桜の下で茶会 >>