人気ブログランキング |

水道山、観音山公園の牡丹桜

005.gif039.gif056.gif058.gif
6月5日は新潟シティライドの撮影で朝4時出発、6日と7日は燕市、三条市で中学校の体育大会の撮影に行って来た。
早起きが続くとカメラマンってこんなに辛いものなのかと悩んでしまう。
バスケットボールは2校の男女、サッカーと野球は同時に4校を撮る。もはや体力も限界になり、唇にヘルペスが出来てしまった。

スポーツを撮影する場合、まずルールを知っておかなければならない。
バスケットの場合、中学生は競技時間8分のクォーターを4回行う。前半(第1と第2ピリオド)、後半(第3と第4ピリオド)
自分の撮影する学校が最初に何処のリングを攻めるのか知る必要がある。
コート脇で目に付いたのは24秒ルールの電光掲示板だ。
攻めているチームは、ボールを取った時点から24秒以内にシュートをうたなければならない。
これらの事をすべて会場で子供達に聞いて初めて納得していた自分である。
当然ながら撮影の方は苦戦していた。
卒アルの撮影なので3年生を撮らなければならない。
しかし誰が3年生なのかわからないので試合前に子供達にユニフォームの番号を聞いてメモをする。
だが試合には肝心の3年生が出てこなかったりする。
反対側のコートでも同時に試合が行なわれているので、両方一緒に撮影していると撮りもらしてしまう3年生が出てしまう。
ベストショットはリング下からの空中戦によるシュートシーンだ。
やはり相手と衝突している所を撮りたい。
50mmF1.8の明るい単レンズで狙う。そこで気がついた事があった。リングの右コーナーに撮影ポジションを取っていた私はシュートする選手がみんな背中を向けている写真になっている。
つまりこのチームのフォーメーションでは私は左コーナーから撮影しないと中心選手の顔が撮れない事を知ったのである。
さらに問題がある。体育館特有のフリッカー現象だ。 EOS 7D Mark IIはこれを防止する機能があるが連写しないと使えないのである。
カメラ屋さんからは後で写真をセレクトする時に大変なので連写はしないで欲しいと言われている。
仕方がないので撮っては消し、撮っては消しの無駄な作業をしているうちにシャッターチャンスを逃してしまっていた。
試合後、全く手ごたえがなかった私は、帰り道で中之口川に飛び込んでしまおうかと思ったくらい落ち込んだ。
写真屋さんでその日の撮った画像を社長さんに見てもらう。被告人席に座っている気分だった。
「大丈夫です。良い写真があるじゃないですか」と言われて泣きそうになった。

翌日はサッカーと野球を撮った。
サッカーは私が嫌いなスポーツである。理由は得点が入る数が少なくて長時間見ていると飽きてしまうからだ。
この日は隣接するサッカーコートと野球場を機材を担いで何度も往復しなければならず、試合後はもう倒れそうになった。
サッカーは、スポーツニュースで見ているとカメラ席はゴールエリアの右か左サイドでゴールシーンを狙っている。
ところがこの会場はゴールライン後方がすべて撮影禁止エリアになっている。
観戦場所はタッチラインだけしかなく、これではシュートしても選手の後姿しか撮れなくなる。
保護者がビデオ撮影するのとは違って写真はアップで顔を写さなくてはかっこいい場面が撮れない。
そこで私は競技役員にお願いして卒アル用の撮影に来ているのでコーナーフラッグの附近で撮らせて欲しいとお願いした。
おかげで私が担当した学校はみんな相手チームとぶつかっている迫力ある場面を撮影する事が出来た。
適切に許可を頂いた競技役員の方に感謝したい。

次は野球である。これは私がもっとも得意とする撮影だ。
ルールもわかり、これから起きるスクイズや盗塁などを事前に予測して撮影ポイントを常に移動している。
ところがある学校の試合で問題が発生した。同点で迎えた終盤に隣のサッカーコートで撮影する学校の試合が始まったのである。
しぶしぶサッカー場に移動して撮影をする事にした。ゲームが終って野球場に戻ると私が担当していた学校が逆転勝ちしていた。
しまった一番良い場面を撮り損なっている。やはりカメラマンは一つの競技に一人で張り付いていたほうがベストである。
しかしカメラマン不足なのでそれが出来ないのが難しいところだ。
担当の野球部の先生には事情を説明してお許しを頂いた。

さてはともかくこれで市内大会の撮影は全部終了した。
来週からは修学旅行の撮影が始まる。

画像は見附市の牡丹桜が有名な場所である。6月には紫陽花の花も綺麗に咲く。
これで今年の桜撮影は全部終了した。長々ご覧頂きありがとうございました。
a0330642_21195933.jpg
a0330642_21201783.jpg

西日に当たる牡丹桜と守門岳。
a0330642_2120387.jpg
a0330642_21205676.jpg

夕陽のような明暗差が極端に激しい場合は、DRO/オートHDRを使って撮ると暗部と明部をはっきりと描写できる。
α6000は1.0EVから6.0EVまで切り替える事が出来るのでこんなシーンには強い味方になってくれる。
a0330642_21211427.jpg

α6000 E 500秒  ISO1000 18:20 晴れ
撮影日 2016.4.24 撮影地 見附市・観音山公園
by chonger57 | 2016-06-09 21:51 |
<< 結婚式 イングリッシュガーデンのチューリップ >>