二・七の市

029.gif041.gif
二・七の市で魚屋さんをしている学生時代の後輩に、三条祭りの舞い込みで撮影した写真を差し上げて来た。
魚は鮮度が命である。見事な包丁さばきと威勢の良い会話ででお客さんに美味い魚を提供してくれる。
私は写真も生鮮食品と同じなのではないかと思っている。
撮影した写真が1週間、あるいは1ヶ月経ってからお客さんに届いたって喜ばれる訳がない。
出来る限り1週間以内に渡して上げるべきだ。
また風景写真などは、毎年同じ状況で写真が撮れるとは限らない。
常に日々、景色は変わっている。
そのためにも毎年同じ場所に行って、景色の様変わりを記録しておく事が大切なのではないかと感じている。
a0330642_2213391.jpg
a0330642_2215458.jpg
a0330642_2221192.jpg

Canon EOS 7D Mark II TAMRON 16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD
F6.3 1/100秒  ISO1000  内蔵ストロボ調光補正なし 9:02 雨
撮影日 2016.5.17 撮影地 三条市元町・二・七の市
[PR]
by chonger57 | 2016-08-12 22:02 | スナップ
<< 代打、長岡大手 太々神楽 >>