人気ブログランキング |

タグ:野球 ( 89 ) タグの人気記事

夏の高校野球新潟県大会DVD

013.gif038.gif065.gif
第97回全国高等学校野球選手権新潟大会の記録写真と録画映像で綴ったDVDが絶賛発売中です。
開会式に始まり、1回戦から決勝戦に至るまでの全試合のダイジェスト・スコア、参加90校86チームの選手データ集が収録されています。
私が撮影した写真も掲載されています。
「輝く夏の宝物」是非、お買い求めください。

価格2800円(税込)
購入先
● デイリーヤマザキ県内各店
● ジュンク堂書店新潟店、HIRASEI遊TSUTAYA、トップカルチャー蔦屋書店、コメリ書房県内各店、ジョイタウン蔦屋書店 新発田店・中条店、紀伊國屋書店新潟店、文信堂書店県内各店、戸田書店県内各店
● UXオンラインショッピング
● ASA(朝日新聞販売店)
a0330642_2083560.jpg


さて9月4日からは来春のセンバツヘ向けて秋の大会が始まります。出場は80チーム。
夏の大会が終わってメンバーが入れ替わった中で、1,2年生が多く残る学校といえば、夏準優勝の日本文理が最も有力です。
それを追うのが関根学園、村上桜ヶ丘、北越、巻、長岡工、加茂暁星、開志学園など・・・・。
決勝は23日、ハードオフ・エコスタジアムです。
by chonger57 | 2015-09-02 20:08 | スポーツ

BCリーグ・新潟4-3福島

ルートインBCリーグの新潟アルビレックスBCは20日、福島ホープスと対戦し4-3で逆転勝ちした。
新潟は7連勝で、後期通算13勝9敗。東地区の首位をキープしている。(観衆・661人)

先月末に新入団したダリル・ジョージ選手(22歳・オーストラリア出身)
攻守走に活躍中です。
a0330642_21234614.jpg

本日、α6000をサブカメラとして持参した。
ワイドフォーカスエリアで撮影しているにもかかわらず、萩島選手にピントが合わず後ピンになっている。上の画像はジョージにピントが合ったのに何故なんだろう?
やっぱり1点フォーカスで撮るべきだった。179点測拒なんか信用してはいけません。
a0330642_2124146.jpg

Canon EOS 7D Mark IIへマクロ100mmを取り付けて撮影しちょっとトリミングしている。
ピントは先発の田村投手に領域拡大AF上下左右で合わしている。AIサーボAF特性はCase1を選んだ。
左打者なので投手を右に寄せ、打者で外野フェンスの文字広告を少しでも隠して撮っている。
左側の方から撮ってしまうと外野フェンスの文字広告が目立ってしまうのだ。
右打者なら投手を左に寄せて撮った方が良い。(ネット裏本部席から撮影)
a0330642_21242249.jpg

初回、福島が2点を先取。ボールが走者の腕の付近にあり、キャッチャーが落球している。
a0330642_2124478.jpg

七回表2番手にリリーフした渡辺(雄)投手。今夏は母校中越高が12年ぶりに甲子園に出場した。
1イニングを無失点に抑え6勝目を挙げた。
a0330642_2125352.jpg

7回裏1死二、三塁から1番野呂選手が同点三塁打を放ち、三塁に滑り込む。
今日の新潟日報の朝刊は一塁側から撮影した打撃フォームが掲載されていた。
その写真を撮ったNカメラマンは甲子園の中越高戦をなんと一人で撮影したと聞かされびっくりした。
家に戻ってから10日の紙面を見た。2紙面ともに素晴らしい写真が掲載されていた。
a0330642_21252459.jpg

続く足立選手も中前打で4-3と逆転した。
a0330642_21253866.jpg

本日のMVPは同点三塁打を放った野呂選手。
ミラーレスカメラはオートプレビューを2秒とか5秒にしておくと、その時間だけ電子ビューファインダーの中で画像が止まってしまう。
そのため撮りたいと思った場面でシャッターを押すタイミングが合わせられない。
これは野呂選手が頭に手をやった場面が写っている。
自分の意図した時にシャッターが切れないとこんな感じの写真が出来てしまう。
α6000、まだまだ手になじんでこない。あらゆる場面で練習撮影が必要である。
a0330642_21262841.jpg

α6000 E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS
F4.5 1/60秒  ISO400  内蔵ストロボ 21:50 晴れのち曇り
撮影日 2015.8.20 撮影地 三条市月岡・三条パール金属スタジアム
by chonger57 | 2015-08-21 21:19 | スポーツ

若き今日眉上げん

003.gif007.gif038.gif051.gif058.gif066.gif
第97回全国高校野球選手権新潟大会は昨日、中越が日本文理を7-2で破り、12年ぶり9度目の甲子園出場を決めた。
夏の出場9回は本県最多となる。
中越は昨秋、今春と北信越新潟大会で優勝し、夏も優勝候補の筆頭だった。
しかし大会前に主将で4番の斉藤選手が右足首を骨折。今大会には出場できなかった。
だが終わってみれば中越は強かった。見事な秋春夏の3季連続県大会制覇である。

決勝戦は残念ながら観戦する事は出来なかったが、中越高校の甲子園出場おめでとう!
(画像は春の大会から抜粋しました。)
a0330642_21292187.jpg

開会式でこんな事があった。
エコスタのロビーでテレビ局の報道制作部長と私達カメラマンで撮影の打ち合わせをしていた。
そこに、中越高前監督の鈴木春祥さん(72)が訪れたが、私達が椅子を全部使用していたので座れなかったのである。
鈴木さんは車椅子を出そうとするが、座面を開く事ができず悪戦苦闘している。
見かねた私がすぐに車椅子を組み立てて鈴木さんを座らせてやった。
「腰が痛てさ、立ってらんねんだて」と笑顔で話された。
私はそのまま車椅子を押して長岡高前野球部監督の柴山勲さんの近くまでお連れした。
お二人とも私にとっては学生時代に何度も痛い目にあわされた名将である。

本田仁哉監督(静岡高-順天堂大)は中越高就任1年目の平成15年(2003)に甲子園出場を果たした。
しかし鈴木前監督が育てた置き土産の選手たちでの勝利だとOB等から言われていた。
その後、平成17年(2005)には今井啓介投手で(現・広島)準優勝した。
秋に向け新チームが始動してすぐの事、部員への暴力により本田監督は1年間の謹慎処分となり、鈴木前監督が期限付きで復帰した。
当時は諏訪部投手(Honda)などがいたが、チーム崩壊が尾を引き3年夏は県大会初戦で敗退した。
監督復帰後は平成21年(2009)、平成24年(2012)と準優勝しあと一歩で甲子園を逃して来た。
今夏のチームは本田監督が指導してたきた中で、かなり手ごたえのあるチームだと思う。
12年間の苦労を払拭すべく、甲子園ではフェニックス花火を打ち上げて欲しい。
a0330642_21293361.jpg

決勝戦で完投した高井投手(3年)⑩
a0330642_21295697.jpg

エース上村投手(3年)①
a0330642_21301329.jpg

けがで夏の大会に出場出来なかった斉藤主将(3年)⑤
a0330642_21303315.jpg

Canon EOS 7D Mark II  EF100-400mmF4.5-5.6L IS USM
F5.6 1/1250秒 ISO200 11:14 晴れ 
撮影日 2015.5.10 撮影地 長岡市・悠久山野球場
by chonger57 | 2015-07-27 21:30 | スポーツ

BCリーグ・新潟2-4群馬

002.gif014.gif021.gif026.gif025.gif029.gif072.gif
ルートインBCリーグの新潟アルビレックスBCは22日、群馬ダイヤモンドペガサスと対戦し3-4で敗れた。
新潟は後期通算成績が3勝7敗となり、東地区最下位となっている。(観衆・549人)

今日のゲームはナイターなので開放f2.8マクロ100mmでどれだけ選手に寄れるか試してみる。
ネット裏の本部席から撮影してみた。
普段は来賓の方が大勢いられる場所だが、本日はアルビの選手たちがビデオ撮影しているだけで誰もいない。
この球場は窓が開くので撮影には最高だ。エコスタや悠久山は窓が開かないのでこんな撮影は出来ない。
ピントは先発の塚田投手に合わせているため手前の打者が幾分ボケている。
この一球が先制の2点本塁打となった。
APS-Cのカメラだと160mmのレンズに変わるのだが、さすがに投手だけのアップは撮れない。
ではアンパイヤを入れてちょっとトリミングすればこの位の画像になる。
a0330642_21342358.jpg

今度は一塁側カメラ席から撮影する。
これもマクロ100mmでは打者のアップは不可能だ。
画面を30%位トリミングすればこの程度まで寄れる。
a0330642_21343590.jpg

四回表途中からリリーフした渡辺貴投手。
先ほどの本部席から400mmで撮影する。APS-Cのカメラだと640mmになる。
やっぱり投手のアップならこれくらいのレンズがないと撮れない。
ただ球場の照明が暗いため1/500秒でもISO12800に感度を上げなければならない。
画像が粗くなるのは致し方ない。
a0330642_21345043.jpg

五回裏、1死三塁から桑田選手のスクイズで2-2の同点とした。
新潟日報のカメラマンが翌日の朝刊で掲載した写真にはボールがバットに当たった瞬間がしっかり撮れていた。
EOS-1DXだと秒間12コマ撮れる。私の7DMarkⅡは10コマしか撮れない。
このわずかな差が写真に影響する。
a0330642_2135014.jpg

六回表、3番手に登板した高井投手はトルネード投法である。
しかし2点本塁打を許し中継ぎに失敗した。
本人に聞いた話だが打たれた球はスプリットフィンガード・ファストボール。
簡単にいえばフォークボールの握りを少し浅くしたもので、そのぶんスピードも出て、落差は小さくなる。
フォークボールのように空振りをとることは難しく、ツーシームやカットボールのように少し芯をずらす効果がある。
スピードもあるため、打者としてはストレートに見える。
やはり真ん中に入るとホームランになってしまう。
今夜は今町中学野球部出身の後輩が応援に来ていたのに、良い所が見せられず残念だった。
a0330642_2135122.jpg

八回裏、3番纐纈選手が適時打を放ち1点差まで追い上げるが好機にあと1本出なかった。
a0330642_21352192.jpg

Canon EOS 7D Mark II  EF100-400mmF4.5-5.6L IS USM
F5.6 1/500秒 ISO10000 21:19 晴れのち曇り 
撮影日 2015.7.22 撮影地 三条市月岡・三条パール金属スタジアム
by chonger57 | 2015-07-23 21:35 | スポーツ

ベスト16 村上桜ヶ丘対三条商 ゲームセット!

002.gif007.gif008.gif009.gif018.gif026.gif027.gif038.gif040.gif051.gif060.gif
a0330642_0313735.jpg

2013年夏、村上桜ヶ丘は初の決勝戦に挑んだが日本文理に敗れ準優勝になった。
まだ見ぬ甲子園での桜は今日まで蕾である。
a0330642_9105519.jpg

昨秋の大会で私はこんなブログをアップしている。
あの試合を見た時にこのチームではまた駄目だと痛感した。
しかしあれから10ケ月、三商の選手たちは成長していた。
今日の敗戦でまた新チームからのスタートとなる。もう秋は始まったのだ。
a0330642_911295.jpg
a0330642_912054.jpg

新発田農を昭和62年夏(1987)、平成10年(1998)春夏連続甲子園に出場させたのが松田監督である。
村上桜ヶ丘へ異動となってからも、強豪チームを作り上げ、根強い松田ファンが大勢いる。
今日のゲームでは前半、三商ペースで進んでいたが、松田監督は落ち着いていた。
七回裏、相手の守備の弱点を見破るとバント3本でコールド勝ちを呼び込んだ。
これがベテラン松田采配のすごいところである。
a0330642_9121485.jpg
a0330642_912313.jpg

今日のゲームで気がついた事がある。
三塁側の三商スタンドには野球部保護者が大半でOB諸氏、一般三条市民の応援が非常に少なかった事である。
第一試合を終えた小出と一塁側が満員だったせいで新潟商も三塁側スタンドでお弁当を食べざるしかなかった。
三条市民はどうも熱狂的な高校野球ファンがいない気がする。

37年前の夏、中越が初めて甲子園に出場した時、対戦相手が新発田農だった。
試合前に一般ファンがすごいヤジ合戦を行なっていた。
「また負けに来たか?越高!」と新発田農の応援席から聞こえた。
「だまれ!百姓チーム。田んぼでもたがやしてれ!」と中越の応援席から反撃のヤジが飛ぶ!
試合は中越がリードして終盤を迎える。セカンド塁審の判定を巡り新発田農の応援席から大量の空き缶が投げ込まれた。
当時の新発田農安田監督が率先してグランドの空き缶を拾っていた。

選手たちは先輩方の応援は何よりも心強い。
秋には是非、球場で三条商を応援してもらいたい。
a0330642_9124973.jpg

一方の一塁側スタンド。
松田監督が新発田農OBである事から、地元の五十公野公園野球場は村上桜ヶ丘を応援する人ばかりである。
a0330642_913463.jpg

試合後、三商の選手たちが球場の外に出てきた。
すると一人の選手が校歌を歌い始めた。
a0330642_9133276.jpg

関監督はその選手を涙ながらに抱きかかえる。
この先生ならきっと三商を強くしてくれる!
a0330642_1242056.jpg

毎年のようにどこよりも真っ先に敗れていたのが三商である。
今年は県央工よりも三条高よりも東高よりも三商が一番長い夏を過ごした。
良くがんばったと言いたいところだが、今日のスコアに私は満足していない。
三条商は夏の大会で昭和43年(1968)にベスト4まで進出した事が1度だけある。
その時は新潟商に負けた。
あれから47年間、これ以上に勝ち上がった事はない。
三商は女生徒が多いためか、どうしても守備から自滅するお嬢様野球が伝統になっている。
長岡商で黒田野球を学んだ関監督には徹底して投手を中心とした守りの野球を教え込んで欲しい。
そんなチームが出来れば大敗するような事はない。
秋の新チームに期待する!
a0330642_913437.jpg

Canon EOS 7D Mark II TAMRON 16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD
F8.0 1/800秒  ISO1000  14:43 曇りのち晴れ
撮影日 2015.7.20 撮影地 新発田市・五十公野公園野球場
by chonger57 | 2015-07-23 00:31 | スポーツ

ベスト16 村上桜ヶ丘対三条商 七回の大量失点!

002.gif005.gif007.gif008.gif021.gif022.gif025.gif033.gif042.gif047.gif050.gif
七回表まで2-1と三条商がリード。誰もこんな展開になるとは思っていなかったはずだ。
ひょっとしてエコスタが見えてきたかもしれない。ほのかな期待で私は金子投手のピッチングを見守る。
a0330642_12305620.jpg

七回裏、村上桜ヶ丘は無死一、二塁のチャンス。マウンドに野手が集まり金子投手を激励する。
すると彼の様子がおかしい。足がつったようだ。
投手が一番疲れる頃が七回である。連投のため疲労がピークに達したのだろう。
私はいやな予感がしていた。
a0330642_1231933.jpg

すかさず村上桜ヶ丘は送りバント。
a0330642_12312128.jpg

三塁前に転がったボールを金子投手が一塁へ悪送球してしまった。
すべてはここから始まった。
a0330642_12313258.jpg

一気に二人の走者が生還して2-3と逆転される。
a0330642_1231474.jpg

さらにまたバント!
a0330642_1232981.jpg

これを三塁手がお手玉。お嬢様野球が大事な場面で連発する。
瞬間湯沸かし器が爆発した私は「何やってんだ!」と怒鳴った!
a0330642_12322424.jpg

投手が緊張の糸が切れてしまえば、もう駄目である。
タイムリーでこの回3点目が入り2-4となる。
a0330642_1232361.jpg

三商はリリーフに納谷(3年)を送る。
a0330642_12324927.jpg

またまたバント。
a0330642_123328.jpg

これをまたバント処理できずランナーをためる。
三度もバント処理を失敗した。(~_~)
a0330642_12333331.jpg

連打で2-5とリードが広がる。
a0330642_1234450.jpg

2-6となる。もう誰もこの勢いは止められない!
a0330642_12342247.jpg

関監督が3人目の投手交代を告げる。
a0330642_12344233.jpg

1死満塁で田沢昴(3年)が投げる。
a0330642_1235464.jpg

村上桜ヶ丘はこの回、長谷川が代打で登場し四球を選んでから敵失と猛打でつなぎ、打者一巡した場面で、再び打席に入る。
3球目を強振すると中堅手の頭を越える三塁打となった。
a0330642_1235255.jpg

試合を決める走者一掃の一打はこの回8点目となり2-9(七回コールド)でゲームセット!
やっぱりコールドになったかと私は落胆した!>^_^<
a0330642_12353975.jpg

Canon EOS 7D Mark II  EF100-400mmF4.5-5.6L IS USM
F5.6 1/1250秒 ISO250 14:20 曇りのち晴れ 
撮影日 2015.7.20 撮影地 新発田市・五十公野公園野球場
by chonger57 | 2015-07-22 12:35 | スポーツ

ベスト16 村上桜ヶ丘対三条商

001.gif003.gif005.gif006.gif013.gif017.gif037.gif038.gif049.gif058.gif
高校野球速報で三条商が新潟工に勝った事を知る。信じられなかった。
翌日の新聞でもう1度確認して見る。本当に勝っていた。三条の学校で最後まで残っていたのは三条商だった。
これは三条市民として応援に行かなければならないと思い、新発田市まで行って来た。

村上桜ヶ丘・中村コーチ 平成12年夏(2000)新発田農の監督として甲子園に出場している。
a0330642_2025314.jpg

三条商・関監督 長岡商の出身で名将黒田監督の指導を受けている。
長商の機動力を使った野球を是非、三商に教え込んで欲しい。
a0330642_20251439.jpg

三条商が夏の大会でベスト16まで進出したのは昭和47年(1972)新潟南に負けた時以来43年ぶりである。
村上桜ヶ丘とは昭和49年夏(1974)に1回戦で対戦し7-0(七回コールド)で三条商が勝っている。
当時のエースは豪腕広田投手(鷺宮製作所-燕フェニックス-ニチエー)が1安打12奪三振の見事なピッチング。
3番打者は強肩、強打の藤岡選手(三条信金-国士舘大学-大洋ホエールズ)が活躍した。
a0330642_20252733.jpg

村上桜ヶ丘はエースの山田(2年)が三条商打線を5安打に抑え込む。
a0330642_20254488.jpg

三条商はエース金子(3年)が連投。
彼のカーブを見た時に新潟工は大振りして打ち損じたんだなあと勝手に思い込んだ。
a0330642_2026371.jpg

初回、三条商は4番土田(3年)のタイムリーで先制する。(^^)
a0330642_20262636.jpg

さらに連打で2点目が入る。(^^♪ 夢を見ているような先制攻撃だった。
a0330642_20264197.jpg

投前の犠打を二塁でアウトにし併殺をねらう。
a0330642_20272052.jpg

村上桜ヶ丘も一回裏から4番西野(2年)がタイムリーで1点を返す。
a0330642_20274036.jpg

三回裏、右中間のヒットで同点かと思われたが見事な中継プレーで本塁アウト。
「よっしゃ!」と私はガッツポーズ。
ネット裏はみんな桜ヶ丘のファンばかり。静かにしてないと怒られそうな雰囲気だった。(*^_^*)
a0330642_20275461.jpg

Canon EOS 7D Mark II EF100-400mmF4.5-5.6L IS USM
F5.6 1/1000秒  ISO320  13:23 曇りのち晴れ
撮影日 2015.7.20 撮影地 新発田市・五十公野公園野球場
by chonger57 | 2015-07-21 20:28 | スポーツ

ベスト16 新潟商対小出

004.gif005.gif014.gif019.gif029.gif
今日から4球場で4回戦8試合がおこなわれ、ベスト8が決まった。
新発田市五十公野公園野球場の第一試合、新潟商対小出は2-8で小出が勝利した。

新潟商・山中監督
a0330642_2321225.jpg

小出・前山監督
a0330642_23214790.jpg

a0330642_2322953.jpg

新潟商の佐藤は15安打を浴びながら9回を投げきった。
a0330642_23222287.jpg

小出の庭山は大量リードのため五回で降板した。
a0330642_23223716.jpg

五十公野公園野球場はバックネットの右端と左端にわずかな柵がない部分がある。(今日は右端に座る)
ここからだと投手や内野手を綺麗に写せる事が出来る。
しかし場面によっては思い通りに行かない時もある。
これはダブルプレーの写真だが塁審が手前に来てしまったので失敗写真になる。
a0330642_11364310.jpg

同じ場所から本塁のクロスプレーを狙う。
二回表、小出高が6点目をあげた場面だ。これも③と⑭の選手が一つ間違うと本塁に覆いかぶさってしまう事がある。
たまたま上手くいった。
a0330642_1137447.jpg
a0330642_11371999.jpg

今年は「高校野球100年」の節目。
私が生まれた年に、県勢として戦後初めて甲子園に出場を果たした新潟商で当時主将を務めた羽下典男さんが、開幕試合で始球式を行った。
一塁側スタンドには大勢の新商OBの方が見守る中、40年ぶりの甲子園出場はかなわなかった。
a0330642_11373363.jpg

Canon EOS 7D Mark II TAMRON 16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD
F8.0 1/1250秒  ISO400  12:06 曇りのち晴れ
撮影日 2015.7.20 撮影地 新発田市・五十公野公園野球場
by chonger57 | 2015-07-20 22:43 | スポーツ

新井対上越総合技術

013.gif026.gif039.gif
第三試合は上越総合技術が11-3(八回コールド)で新井に大勝した。
私が写真を本格的に始めたのが平成元年(1989)頃である。
当時はモデル撮影会ばかりに参加していたが、徐々に高校野球にも被写体を求めて行くようになった。
上越総合技術は、校名が高田工の時代、平成2年(1990)夏に新発田農業を破って甲子園に初出場した事がある。
まだデジタルカメラなど無縁の頃に、ネガカラーフィルムを20本ほど持参して、悠久山球場で行なわれた決勝戦を撮影しに行った。
最終回、高田工が優勝を決めると沼波投手と大島捕手がマウンドで抱き合った。
その瞬間をバックネット裏から私は無我夢中で撮影していた。
翌日、仕上がりのプリントを見たら、かなりかっこよく写っている。
バッテリーに駆け寄る内野手達とセンターの選手のボケ具合が絶妙に綺麗なのだ。

その年の秋、三条市美術展の写真部門に応募したら初出品でいきなり奨励賞を受賞した。
これが写真コンテストで初めての入賞となり、以後ますます写真活動に目覚めていく事になったのである。

上越総合技術の撮影はまさにそれ以来で、実に25年振りになるのかなあ。
当時とユニフォームも変わってしまったが、私にとっては写真を撮り始めた頃の懐かしい思い出がある学校である。
a0330642_23144339.jpg
a0330642_23145977.jpg
a0330642_23152091.jpg

a0330642_2320074.jpg

Canon EOS 7D Mark II TAMRON 16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD
F8.0 1/1250秒  ISO800  14:39 晴れ
撮影日 2015.7.13 撮影地 柏崎市・佐藤池野球場
by chonger57 | 2015-07-18 23:17 | スポーツ

小出・庭山、シード校の上越を完封!

005.gif009.gif013.gif045.gif058.gif066.gif
第二試合は小出の庭山(3年)が春ベスト4の上越を1-0で破った。
今大会屈指の本格派左腕は5安打無四球と前評判通りのピッチングを披露した。
a0330642_23241118.jpg

上越の飯塚(3年)も5安打無四球と好投したが及ばなかった。
a0330642_23243678.jpg

アウトなのかな?
a0330642_23252733.jpg

a0330642_23254898.jpg

小出は六回裏に決勝の1点をもぎとる。
a0330642_23261671.jpg
a0330642_23264173.jpg

6-4-3
a0330642_2327066.jpg

またしてもシード校が散って行った。
校歌を歌う小出高の選手たち。
a0330642_23272346.jpg

Canon EOS 7D Mark II  EF100-400mmF4.5-5.6L IS USM
F8.0 1/1250秒 ISO640 13:04 晴れ 
撮影日 2015.7.13 撮影地 柏崎市・佐藤池野球場
by chonger57 | 2015-07-17 23:27 | スポーツ